首都移転のインフラ事業に意欲、国営建設

インドネシアの国営建設ウィジャヤ・カルヤ(WIKA)は28日、首都の移転先が東カリマンタン州に決定したことを受けて、同州のインフラ整備事業に積極的に関与していく方針を表明した。現在はカリマンタン島で初の高速道路の建設を手掛けているほか、過去に2件の大型インフラ事…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

アリババ、21年に3カ所目のデータセンター(21:29)

900兆ルピアの国債を追加発行=コロナ対策(21:09)

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

テイクオフ:効果があやしい新型コロ…(07/06)

ユニリーバ、工場従業員がコロナで陽性反応(07/06)

首都のPSBB違反、罰金4.3億ルピア徴収(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン