• 印刷する

国家ファイバー網計画の予算が閣議承認

マレーシア政府は28日、通信・マルチメディア省が推進する「国家ファイバー網接続計画(NFCP)」に2023年までの5年間で216億リンギ(約5,424億円)を拠出することを閣議決定した。全国でインターネットの接続速度を引き上げる計画で、第5世代(5G)移動通信システムの導入に向け基盤を整備する。エッジ(電子版)が伝えた。

マレーシア通信マルチメディア委員会(MCMC)が管轄し、国内の通信事業者が出資するユニバーサルサービス事業者基金を活用する。NFCPでは、20年までに平均通信速度が毎秒30メガビットの光ファイバー網を総人口の98%をカバーする地域に敷設し、特定の戦略的産業地域については超高速通信「ギガバイト(GB)スピード・インターネット」を導入する。その後、23年までにギガバイトの対象エリアを全州の州都に広げる計画だ。

ゴビンド・シンデオ通信・マルチメディア相は「インターネット接続の地域格差を解消し、低価格でのサービス提供を実現する」と説明。市民生活の質が高まるだけでなく、新たなビジネスモデルの創造を促し、雇用機会を創出できると指摘した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

高速道4本買収を閣議決定、慎重論も(21:57)

世界年金指数、4ランク上昇の16位に(21:57)

マ産パーム油の輸入停止呼び掛け、印業界(21:57)

テイクオフ:弊社が入居するオフィス…(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

日野自、小型バスの試験運行 公共交通向けの需要取り込みへ(10/22)

一帯一路でマの重要性増、MUFGセミナー(10/22)

エアアジア、印の北東部から4都市に定期便(10/22)

3Qの製造業景況感、08年4Q以来の低水準(10/22)

消費者心理は4期連続悲観圏、2年ぶり低水準(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン