大規模インフラ整備に暗雲 現政権で完了3割、見直し案件も

フィリピンのドゥテルテ政権が看板政策に掲げる大規模インフラ整備計画「ビルド・ビルド・ビルド」に暗雲が垂れ込めている。任期終了の2022年までに完了が見込まれるプロジェクトは、優先75件のうち21件と3割弱にとどまる見通しだ。資材調達や技術的な問題、経済性などが問題視さ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「確かここにあったはず…(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

中国化進む全国送電社 安全保障にリスク、配当金も滞納(10/22)

渦潮電機、電動三輪3千台の納車完了(10/22)

韓国とのFTA交渉妥結、来年に持ち越しか(10/22)

中国経済の減速、電子製品輸出の成長に影響(10/22)

首都圏の地下鉄、路線に変更なし=運輸相(10/22)

デジタルワレット、送金事業に参入(10/22)

大統領府、試用期間延長の法案に反対(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン