後発3カ国の対日輸出が堅調 進出企業増え、貿易結合度も増す

東南アジア諸国連合(ASEAN)の後発国であるカンボジア、ミャンマー、ラオスの対日輸出は2019年上半期(1~6月)、おおむね堅調に推移した。日本貿易振興機構(ジェトロ)のまとめでは、同期間の対日輸出額は3カ国合わせて14億7,729万米ドル(約1,560億円)と、前年同期比…

関連国・地域: ミャンマーカンボジアラオス日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

労働者のデモ禁止通達、コロナ感染予防で(13:33)

日系企業に退避の動き拡大 事業継続、一部残留や遠隔で(04/06)

東南アが相次ぎコメ輸出規制 コロナで自国分確保、タイは卵も(04/06)

米国帰り女性の感染確認、計21人に=5日朝(04/06)

対策委新設、スー・チー氏がFB情報発信(04/06)

ヤンゴン、ミャンマー正月の外出自粛を要請(04/06)

マンダレー、貨物車両と自家用車のみ通行可能に(04/06)

鈴江コーポ、CFS倉庫の増強工事が完了(04/06)

縫製労働者が操業停止提案、経営は後ろ向き(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン