• 印刷する

全国に観光投資特区を設置、首相が表明

マレーシアのマハティール首相は26日、全国に観光投資特区を設置する計画を明らかにした。特区では、観光業のデジタル化に向けた投資優遇措置を導入する方針だ。地元各紙が伝えた。

マハティール首相は国連世界観光機関(UNWTO)がクアラルンプール(KL)で開催した世界観光会議(WTC)で、「観光業のスマート化を促進する」ことを表明。観光業のデータ収集やコンテンツ創造、オンラインプラットフォーム開発などへの投資に対し、優遇措置を付与する方針を示した。マレーシアを訪れる外国人旅行者は今後大きく増えると予想した上で、「観光サービスを従来型から、医療やアドベンチャースポーツ、宗教関連など幅広い分野に拡大する必要がある」と述べた。

世界経済フォーラム(WEF)によると、デジタル化による効率性の向上で世界の観光業の収益は2025年までに最大3,050億米ドル(約32兆2,400億円)押し上げられる見通しだ。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: IT・通信観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

外国産「和牛」とすみ分けへ 日本産認定に加えQRコード導入(12/13)

全教研がプログラミングの教育センター設立(12/13)

RM1=26.1円、$1=4.16RM(12日)(12/13)

日本の40社が来年に業界参入へ、ハラル公社(12/13)

鉱工業生産指数、10月上昇率0.3%に減速(12/13)

製造業売上高、10月は2.2%増の746億リンギ(12/13)

サラワク州の小規模電力網、韓国企業と提携(12/13)

ランカウイ島へ海底送電線、国営電力が敷設(12/13)

メルセデス、SUV新モデルで販売増に期待(12/13)

PLUSが英交通安全賞受賞、ア高速道で初(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン