• 印刷する

豪農相訪日、農産物輸出促進でトップ外交

オーストラリア連邦政府のマッケンジー農業相はこのほど、日本を公式訪問した。今回の訪問には農業生産者団体の全国農業者連盟(NFF)の代表らも帯同しており、オーストラリアの農産物の輸出促進を目的としている。地元各紙が伝えた。

同相は日本について、長期的な信頼関係が築かれている重要なパートナーと語り、2018年には60億豪ドル(約4,300億円)規模の農産物が輸出された、オーストラリアにとって2番目に大きい輸出市場と説明した。同相はまた、日本で浮上した牛肉に関する環太平洋連携協定(TPP)を再交渉する案について、その考えはないことを明らかにした。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーで今週、新型コ…(10/15)

豪9月の失業率4.6%、小幅悪化 ロックダウンが足かせ(10/15)

豪の若者、キャリア見通しは楽観も職種再考(10/15)

NSWきょう規制緩和発表か、金券追加配布も(10/15)

NSW州政府、屋外飲食エリアの拡大を支援(10/15)

〔オセアニアン事件簿〕日本人女性、シドニーで飛び降り自殺か(10/15)

VIC感染2千人突破、規制緩和は予定通り(10/15)

豪のバイオ企、コロナ治療薬試験で資金調達(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン