• 印刷する

《日系進出》クレスコ、ハノイに現地法人設立

ソフトウエア開発のクレスコ(東京都港区)は9月、ベトナム・ハノイ市に現地法人を設立する。将来的には、グループのオフショア開発の中核拠点として機能させる方針だ。

9月13日にクレスコ・ベトナムを設立し、10月1日に営業を開始させる。資本金は50万米ドル(約5,300万円)で、クレスコが100%出資する。事業内容はITシステムとソフトウエアの開発・保守サービス。社長を含む管理者3人体制でスタートし、現地の開発会社との調整役を担う。

クレスコの広報担当者はNNAに対し、「ベトナム法人は管理業務が中心で、現地企業との提携をベースとした開発体制の強化を目指す」と説明した。2年前に設置したハノイの駐在員事務所は閉鎖する。

クレスコにとって、ベトナムは唯一のオフショア開発拠点だ。日本国内では開発人材の確保が年々難しくなってきている。ベトナム人は、優秀でコスト面でも優位性があるとみており、現地で採用と人材育成を推進していく。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: IT・通信雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ユニクロがベトナムに1号店 市場の潜在性評価、独自商品も(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

イオン、ハノイ2号店がグランドオープン(12/06)

東光電気が現法、電力消費増に伴い商機拡大(12/06)

フエ―ダナン間、1月から路線バス運行(12/06)

高速道路4路線、運輸省が建設前倒し提案(12/06)

ホーチミン市、ごみ回収業者の支援策を計画(12/06)

大日光エンジと双日、地場EMSと提携(12/06)

日系コンサル、越人向け化粧品を発売へ(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン