• 印刷する

ヘルステック企業が4倍に増加=地場社調査

シンガポールでヘルステック(医療とITを活用したサービス)系のスタートアップが増加している。2018年の企業数は174社と6年前から約4倍に増えたことが、地場ガレン・グロース・アジアと経済開発庁(EDB)の共同調査で明らかになった。

シンガポールのヘルステック系スタートアップの数は、15年比では64%増加した。

ヘルステック系スタートアップへの投資額は18年に計1億500万米ドル(約111億円)に達したことも分かった。

投資段階にも変化があり、業界の成熟が進んでいることがうかがえる。12年の投資は、創業直後の初期段階の投資が96%を占め、残りはシリーズAの投資だったが、18年には初期段階の投資の割合が79%に縮小。シリーズBや、事業売却・上場によるエグジット(投資回収)案件も見られるようになった。シリーズAも1割に拡大した。

ガレン・グロース・アジアは15年の設立。シンガポールを本拠に、ヘルステック系スタートアップの支援・調査を手掛けている。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台風19号の被害状況は…(10/21)

【ASEAN戦略】訪日旅行者の需要取込へ JRホテル、海外初の商談会(10/21)

ビアードパパ運営社、カレーパン専門店開業(10/21)

ゲンダイエージェンシー、カジノ事業から撤退(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

スタートアップ投資額、3Qは前年比36%増(10/21)

3Qホテル投資額、過去最高の28億米ドル(10/21)

不動産サイト新興企業、豪社と2カ国展開へ(10/21)

韓国Wadiz、シンガポール進出へ(10/21)

空港の商業施設、開業半年で5千万人集客(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン