• 印刷する

文大統領、タイ・ミャンマー・ラオス歴訪へ

韓国青瓦台(大統領府)は25日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が9月1~6日の日程でタイとミャンマー、ラオスの3カ国を訪問すると明らかにした。

文大統領は今回の訪問で、大統領に就任してから全てのASEAN(東南アジア諸国連合)を訪問することになる。今年11月の釜山でのサミットの成功に向けてASEAN諸国とのパートナーシップを深める目的もある。

文氏はまず、1~3日にタイを訪問してプラユット首相と首脳会談を行う。両国の協力に関する意見交換を行うほか、韓・ASEAN特別サミットと韓・メコンサミットの成功に向けてASEAN議長国であるタイに積極的なサポートを要請する方針という。

3~5日に訪問するミャンマーではウィン・ミン大統領との首脳会談に臨むほか、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相とも会談を行う。両国のビジネスにおける協力関係強化や韓国企業のミャンマー進出支援などについて意見を交わす計画だ。

5~6日にはラオスを訪れ、ブンニャン大統領、トーンルン首相とそれぞれ会談を実施し、水力発電事業など現地ビジネスにおける協力拡大について話し合う予定という。


関連国・地域: 韓国タイミャンマーラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、63人増の1万2967人(10:06)

韓国車の世界販売台数、6月は19.0%減(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

新型コロナの感染者54人増、光州市で急増(07/03)

サムスンSDSで感染者、蚕室社屋を閉鎖(07/03)

6月消費者物価、1カ月でマイナス脱却(07/03)

韓国土地住宅公社、北部に工業団地造成へ(07/03)

21年の最低賃金、労働者側16.4%引上げ要求(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン