• 印刷する

秋田知事、台北で「秋田牛」トップセールス

秋田牛をPRする秋田県の佐竹敬久知事(後列中央)ら=24日、台北(NNA撮影)

秋田牛をPRする秋田県の佐竹敬久知事(後列中央)ら=24日、台北(NNA撮影)

台湾を訪問した秋田県の佐竹敬久知事は24日、台北市内湖区のスーパー、美福食集で秋田県が2014年に立ち上げた牛肉の統一ブランド「秋田牛」のトップセールスを行った。現場で調理した秋田牛を来場者に振る舞い、「秋田牛は現在頭数を増やしているところ。これを機に台湾へたくさん売り込み、多くの人に食べていただきたい」と期待感を示した。

秋田牛は、飼料にコメを利用することが特徴の黒毛和牛。コメ生産量が全国3位の秋田が推進する「耕畜連携」のブランドだ。県畜産振興課によると、「脂があっさりとしてジューシーと評価を得ている」。台湾には2017年から輸出を始め、これまでに約6トンを輸出した。

美福食集は22~25日まで「秋田物産展」を開催。秋田牛を試食販売するほか、秋田県産「あきたこまち」や地酒の「高清水」なども販売する。

美福食集は、牛肉の輸入や食材の販売などを手掛ける美福国際が運営。同社の担当者によると、美福食集で秋田県のイベントを開催するのは初めて。美福食集では日本の牛肉を「台湾で一番そろえている」といい、台湾が2017年9月に日本産牛肉の輸入を解禁した際には、1カ月ほどで取り扱いを再開した。

秋田牛については、「脂が食べやすいと好評を得ている。物産展終了後も試食販売を続けたい」と語った。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 食品・飲料観光

その他記事

すべての文頭を開く

上場企業の3Q純利益、過去4番目の高水準(11/16)

「精密農業」の強化に着手 官民連盟発足、日本超え目指す(11/15)

華為締め出しか、表記巡りNCCが新方針(11/15)

鴻海、5年内に粗利益率10%目指す(11/15)

「1秒でも早く」、香港から多数学生が退避(11/15)

ASUS、スマート・IoTの新事業群設立(11/15)

「貿易摩擦恐れず」、広達董事長(11/15)

中華電信の来年賃上げ、最高5%に(11/15)

全家の少添加物商品、年間売り上げ50億元(11/15)

宝雅が桃園に倉庫、生活用品店を北部展開(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン