首都移転の決定に賛否両論 地方は恩恵期待、疑問視の意見も

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領が16日の施政方針演説で、首都をジャカルタからカリマンタン島に移転すると正式に表明したことを受けて、賛否両論の意見が寄せられている。カリマンタン島内の州政府関係者は、地元経済に恩恵があると歓迎する。閣僚が東カリマンタン州に移転…

関連国・地域: マレーシアインドネシアブルネイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

テイクオフ:沖縄民謡「安里屋ユンタ…(09/18)

中東情勢に警戒、東南ア各国が対策検討(09/18)

「生きた英語」を子どもに エイゴポップ、アプリで会話学習(09/18)

8月の自動車販売速報値、12%減も年内最多(09/18)

KPK改正法案が可決、反対の声届かず(09/18)

TVS、インドネ産バイクをアフリカで発売(09/18)

スラバヤ準高速鉄道、24日にもMOU締結か(09/18)

マラン市、交通渋滞解消にLRT建設を計画(09/18)

ボゴール市、脱ミニバスでトラムに移行(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン