• 印刷する

ダイキアクシス、インドで排水処理合弁

浄化槽メーカー大手のダイキアクシス(愛媛県松山市)は23日、インド北部グルガオンに排水処理と飲料水販売を手掛ける合弁会社を設立すると発表した。

生活・産業排水処理事業と飲料水販売事業を展開する地場企業、アース・ウオーターと共同で、ダイキ・アース・ウオーターを設立する。資本金は400万ルピー(約595万円)。ダイキアクシスの全額出資子会社であるダイキアクシス・シンガポールが74%、アース・ウオーターが26%を出資。9月2日の設立を予定する。

ダイキアクシスは昨年7月に、インドで浄化槽の製造と販売を手掛ける現地法人ダイキアクシス・インディアを設立していた。インド法人は今年2月から国内製の浄化槽の販売を開始。ダイキアクシスの担当者によると、アース・ウオーターは販売代理店のうちの1社で、販売に関するやりとりをする中で、ダイキアクシスの浄化槽を活用して共同で排水処理事業を行う計画がまとまった。

合弁会社は、建設、運営、譲渡(BOT)方式や建設、所有、運営(BOO)方式で、排水処理と飲料水販売の両事業の受注を目指す。飲料水販売は、公共施設や駅に飲料水精製装置を設置して販売する「ウオーター・キオスク」の展開を見据えている。

ダイキアクシス・インディアの浄水槽の初年度の生産台数は約100台、売上高は6,200万ルピーをそれぞれ見込んでいる。


関連国・地域: インド日本
関連業種: その他製造電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

下降局面の二輪車販売 回復は来年度から=ICRA(09/20)

電動二輪アザー、エントリーモデルの販売停止(09/20)

未曽有の経済危機に備えよ 投資家ジム・ロジャーズ氏が警鐘(09/20)

マルチスズキ、グ州の港からの輸出100万台超(09/20)

シュコダ現法、昨年度は6380万ルピーの赤字(09/20)

単一業種向けSEZ、複数業種対応に切替え(09/20)

VW金融部門、ネット融資代行と提携(09/20)

中央監視委、銀行不正の調査委を設置(09/20)

オープンセル関税撤廃は時限措置か=業界筋(09/20)

日用品業界の増収率、本年度は15年で最低に(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン