電子決済の普及、公営銀の支店閉鎖を加速

インドの公営銀行が、都市部で支店と現金自動預払機(ATM)の削減を進めている。過去1年間で閉鎖された支店は大手10行の合計で約600カ所、ATMでは同5,500カ所。エコノミック・タイムズ(電子版)が22日に伝えた。 支店やATMの閉鎖には電子決済の普及に加え、公営銀行の…

関連国・地域: インド
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:都市封鎖が続くインドで…(05/26)

コロナ経て高まる現場力 ホンダ二輪、2カ月ぶり生産再開(05/26)

【日本の税務】消費税の免税について(05/26)

トヨタがきょう生産再開、南部ビダディ工場(05/26)

スズキ、グジャラート工場での生産を再開(05/26)

シュコダ、プネ工場を6月から再開(05/26)

タタ傘下JLR、英政府と1300億円融資交渉(05/26)

国内線再開もデリー発着の82便が欠航(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン