• 印刷する

NEC、富士ゼロックスからIT業務受注

NECのアジア統括会社NECアジアパシフィック(本社・シンガポール)は22日、富士ゼロックスアジアパシフィックからIT関連業務を受注したと発表した。契約期間は2019年1月から3年間。アジア太平洋の10カ国・地域でサービスを提供する。

パソコンの購入や保守、トラブルシューティングに関する業務を請け負う。対象となる国・地域は、シンガポール、マレーシア、タイ、フィリピン、中国、香港、台湾、韓国、オーストラリア、ニュージーランド。受注額は明らかにしていない。

窓口は365日24時間体制で、英語・中国語・韓国語・タイ語の4言語で対応する。富士ゼロックスの従業員1万2,000人が利用するパソコンを対象とする。

NECアジアパシフィックがこれまで受注したパソコンのアウトソーシングサービスとしては最大規模となる。富士ゼロックスアジアパシフィックは、今回の提携で1年当たり80万Sドル(約6,100万円)のコストを削減できると試算している。

NECの担当者は「特にシンガポールでは、ITアウトソーシングサービスを事業の柱として捉えている。今後も注力していく方針だ」と述べた。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:職場や学校を閉鎖する措…(05/27)

国のデジタル変革を加速 コロナ機に、関連技能も向上(05/27)

経済政策の第4弾、失業増で雇用支援拡充(05/27)

20年成長率予測、最大マイナス7%に下方修正(05/27)

4月CPIは0.7%低下、3年半ぶりマイナス(05/27)

4月の製造業生産高、製薬伸長で13%上昇(05/27)

人材派遣会社に助成金還元を要請=人材省(05/27)

DBS銀の中小企業向け融資、3500件に(05/27)

サービスアパート業界、コロナ禍でも堅調(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン