• 印刷する

財閥SM、中小企業振興の重要性強調

フィリピンの財閥SMグループは、中小零細企業の振興に力を注ぐ方針だ。自然災害をはじめとする経営リスクから事業を保護することなどに主眼を置いている。22日付ビジネスミラーなどが伝えた。

SMグループの持ち株会社SMインベストメンツ(SMIC)のハンス・シー経営委員会会長は、マニラ首都圏パサイ市で20日に開催された、事業継続に関する会合「サステナビリティ・サミット2019」に出席し、中小零細企業の存在が自社の事業展開に不可欠になっていることを強調した。

SMグループと直接、間接的な取引関係にある中小零細企業は現在約2万5,000社で、国内の中小零細企業全体の約27%に相当する。シー会長は「中小零細企業を含むサプライチェーン(供給網)の強化は、SMグループの創業精神にも関わる重要な課題」と指摘する。

SMグループの不動産部門SMプライム・ホールディングスは、パンパンガ州クラークに「SMリライアンス・センター」を設置。取引先の中小零細企業を対象に、災害からの回復や事業の継続に必要なデータの保管サービスなどを提供している。1,500社を超える中小零細企業がこれらのサービスを利用しているという。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

「低リスク」は隔離免除、対象リストも更新(10/15)

新型コロナ、新たに7625人感染(10/15)

入国隔離免除、方針見直しへ 政府で未調整、16日以降に新規制(10/15)

新型コロナ、新たに7835人感染(10/15)

首都圏の外出制限、ガイドラインを改定(10/15)

首都圏の感染ペース鈍化傾向、比大機関(10/15)

労働省、賞与支給へ雇用主に融資検討(10/15)

事業者支援は助成より制限緩和、経済開発庁(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン