• 印刷する

テイクオフ:以前に住んでいたミャン…

以前に住んでいたミャンマーで4カ月間、技能実習生として訪日予定の現地の若者に日本語を教えたことがある。最終日、教室に用意された椅子に座っていると、生徒たちが自分を囲んで床に座り、いっせいに深々と頭を下げた。ミャンマーでは教師の地位が高いと聞いていたが、寺院で仏像に対するような礼を、ボランティアの自分にもしてくれることに驚いた。

ヤンゴンの一流大学を出た彼らは、日本の技術を学ぼうと必死だった。日本語の学習法からビジネスマナーまで熱心にメモを取り、将来の夢を尋ねると、口をそろえて「母国で起業したい」と答えた。

アウン・サン・スー・チー国家顧問は先日、若手起業家を支援するイベントで「若い起業家が発展をけん引してくれる」と期待を示した。あの生徒たちが、日本の冬の寒さと日本社会特有の厳格さを乗り越え、いつか母国を支える存在になることを願う。(や)


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシアで昨年9月…(05/27)

観光収入が1千億元消失 3カ月で、4月の訪台者過去最低(05/27)

製造業で国内外の注文5割減 本格回復遠く、ジェトロなど調査(05/27)

スズキが純利益24.9%減、インド不振など(05/27)

ホンダ現法、昨年度は二輪販売が最高更新(05/27)

4月の台湾人出境、99%減の1.1万人(05/27)

インド新工場、稼働遅らせる=スズキ社長(05/27)

いすゞ、ピックアップ販売の下期回復を予測(05/27)

オムロン、SKTと防疫ロボットを開発(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン