• 印刷する

《日系進出》旭日電気工業、ヤンゴンで駐在員向け賃貸業

電気工事などを手掛ける旭日電気工業(東京都世田谷区)は21日、ミャンマー最大都市ヤンゴンに支店を開設し、同国で不動産賃貸業を開始すると発表した。海外支店の開設は同社初となる。

ヤンゴン支店はヤンキン郡区の複合施設「ゴールデンシティー」内にあり、9月1日に業務を開始する。ゴールデンシティーと、インヤ湖沿いで香港系マルガ・ランドマークが開発する「ザ・セントラル」の一部住居を買い取り、家具付きで日本人駐在員に貸し出す。

賃貸物件でのハウスキーピングも合わせて実施する。賃料は、月額平均2,500米ドル(約27万円)程度を見込む。

旭日電気工業は、高い経済成長が続くミャンマー進出を見据えて、2017年からヤンゴン市に駐在員を派遣し、調査を進めてきた。まずは日本人向け賃貸から開始し、将来的には内装や設備工事の開始を視野に入れている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

京セラ系、エヤワディでも太陽光グリッド(16:33)

帰国者1人の感染確認、累計337人=15日朝(18:32)

新空港が日本支援で再始動 計画白紙から2年、事業化調査へ(07/15)

人の往来の早期再開求める、人材送り出しで(07/15)

コロナ関連規制、7月末までの延長発表(07/15)

帰国者5人の感染確認、累計336人=14日朝(07/15)

公立高校、21日の再開に向け入学手続き開始(07/15)

中銀がノンバンク向け規制公布、15日施行(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン