2021年までオフィス賃料上昇 東南ア4都市、テック企業増で

東南アジア諸国連合(ASEAN)の主要都市でオフィス賃料が上昇している。新興のテクノロジー企業によるオフィスの占有率が高まっていることなどが背景にある。米系不動産仲介大手ジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)の調査では、シンガポール、フィリピンのマニラ、ベトナ…

関連国・地域: タイベトナムシンガポールフィリピン
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

テイクオフ:日本出張からの帰路、シ…(09/18)

輸出が6カ月連続減、下げ幅縮小も軟調(09/18)

中東情勢に警戒、東南ア各国が対策検討(09/18)

煙害対策、屋外での作業時間調整など勧告(09/18)

対米ドルのリンギ相場、4.26リンギまで下落か(09/18)

MaaSアプリの提供開始、アジア初(09/18)

多国籍企業の9割、香港撤退ならシンガへ(09/18)

グラブとハイネケン、東南ア事業拡大へ提携(09/18)

政府系VC、物流分野のシンクタンク設立(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン