• 印刷する

武装勢力が爆破の橋、仮設橋完成で通行再開

ミャンマー北中部マンダレー管区の幹線道路で、少数民族武装勢力の襲撃により破壊された橋りょうの代替となる仮設橋が20日に完成した。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが21日伝えた。

マンダレー管区と北東部シャン州で、少数民族武装勢力が15日に橋の検問所など6カ所を襲撃。マンダレー(マンダレー管区)―ラショー(北東部シャン州)―ムセ(同州)を結ぶ幹線道路に架けられているゴート・トゥイン橋(Gote Twin Bridge)(マンダレー管区)を爆破した。

しかし建設省は爆破から5日間で、代替となる2車線のベイリー橋を建設。遮断されていた幹線道の通行も20日午後1時に再開した。仮設橋の開通直後に橋の近くで地雷2個が発見されたため、当局が爆弾を処理する間は一時通行止めとなったが、午後5時30分に再び利用可能になった。

ベイリー橋は、持ち運び可能な組立式のトラス橋。元は軍事用として開発されたものだ。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

米中貿易摩擦の影響に備えるべき=財務相(09/18)

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

街路の景観整備、ヤンゴンで試験事業が開始(09/18)

ゾウコンニャクが値上がり、日中の需要増で(09/18)

マンダレーのコーヒー工場、解雇反対でスト(09/18)

グラブとハイネケン、東南ア事業拡大へ提携(09/18)

観光銀行、ネピドーにも店舗=3カ所目(09/18)

民間看護学校4校開校へ、人材不足解消で(09/18)

中国雑誌に批判、マンダレー王宮を侮辱(09/18)

シャン州で停戦中に戦闘、市民1千人が避難(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン