20年度予算案4.1兆ペソに 過去最大規模、インフラなど重点

フィリピン予算管理省は20日、2020年度政府予算案を議会に提出した。歳出総額は前年度比12.0%増の4兆1,000億ペソ(約8兆3,000億円)と、過去最大規模になる。大規模インフラ整備計画や社会保障に重点配分し、経済の底上げを図る。19年度予算案は議会の紛糾で成立が4カ月半遅れ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タガログ語のラップミュ…(09/18)

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

オフィス需要、カジノ首位に 19年間で初、規制強化も勢い続く(09/18)

中東情勢に警戒、東南ア各国が対策検討(09/18)

レクサス、SUV「RX」の改良モデル発売(09/18)

メラルコ、ガス田の定期検査で供給不足懸念(09/18)

グラブとハイネケン、東南ア事業拡大へ提携(09/18)

競争委、ファーウェイ委託業者に罰金(09/18)

小規模鉱業事業者に6鉱山を新規開放か(09/18)

〔ミ島通信〕都市開発、百億ドルの経済効果(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン