20年度予算案4.1兆ペソに 過去最大規模、インフラなど重点

フィリピン予算管理省は20日、2020年度政府予算案を議会に提出した。歳出総額は前年度比12.0%増の4兆1,000億ペソ(約8兆3,000億円)と、過去最大規模になる。大規模インフラ整備計画や社会保障に重点配分し、経済の底上げを図る。19年度予算案は議会の紛糾で成立が4カ月半遅れ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:電力会社から届いた請求…(05/27)

税制改革の修正法案提出 政府、早期減税で景気刺激へ(05/27)

外出制限の延長可否、27日にも協議(05/27)

コロナ感染新たに350人、累計1万4669人(05/27)

貿産省、コロナ財源に輸入税引上げ検討(05/27)

納税額の上位500社、首位は銀行BDO(05/27)

コロナ対策費、比は東南アで6位=ア開銀(05/27)

証券委、年次報告書の提出期限を再延長(05/27)

ダブルドラゴン、10~12月にREIT上場(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン