雨期の災害犠牲者82人に、20万人が避難

社会福祉・救済復興省傘下の災害管理局は、豪雨に伴う土砂崩れや洪水で、6月25日からこれまでに82人が死亡したと発表した。49人が負傷し、約20万人が避難した。ミャンマー・タイムズ(電子版)が20日伝えた。 最も被害が大きかったのは、今月9日に大規模な土砂崩れが発生した東…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

「日本に行く」 意欲は不変 オンライン授業・面談が定着(07/09)

第4回パンロン会議、来月12~14日に開催(07/09)

救援機で帰国のミャンマー人、6800人超に(07/09)

新たな感染者なし、累計316人=8日朝(07/09)

タニンダーリの真珠養殖、合弁設立の入札へ(07/09)

ガソリンスタンド閉店、4年で43店(07/09)

マンダレー、1.6万灯の街灯を年内に設置へ(07/09)

武装勢力制圧へネット遮断は継続、政府声明(07/09)

翡翠鉱山の地滑り、国軍高官2人の責任追及(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン