• 印刷する

バタムの電子機器産業4社が事業縮小

インドネシアのリアウ諸島州バタム島で操業する日系2社を含む電子機器産業4社が、業績悪化により事業の縮小や解散を実施している。バタム島の最低賃金の上昇や輸出の海運コスト高騰などが競争力の低下につながっている。20日付コンタンが伝えた。

4社は、電子部品大手の帝国通信工業(川崎市)子会社のノーブルバタム、音響機器メーカーのフォスター電機(東京都昭島市)関連会社のフォスター・エレクトロニック・インドネシア、マレーシア系半導体メーカーのユニセム・バタム、地場電子部品メーカーのサミナ。

帝国通信工業は2017年にノーブルバタムの解散を決定し、清算手続き中だ。

スピーカーを生産していたフォスター・エレクトロニックは、18年末までに生産をほぼ停止。ミャンマーへの移転を決めた。

インドネシア経営者協会(Apindo)バタム市支部のラフキ支部長は「バタム島の最低賃金は月額270米ドル(約2万9,000円)と他の東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国と比べて高い水準にある。さらに、海運コストの高騰やデモの頻発、事業活動を阻害する規定などがバタム島の競争力低下につながっている」と訴えた。


関連国・地域: マレーシアインドネシア日本
関連業種: 電機その他製造雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

6月の東南ア訪日客99.9%減、コロナ影響続く(21:01)

ANAの成田4便と羽田運休、8月も継続(21:38)

3月の貧困率9.78%、5年ぶり上昇(21:35)

観光業、コロナ禍で85兆ルピア超の損失(21:35)

テイクオフ:営業を再開したショッピ…(07/15)

製造業PMIが過去最低水準 中央銀行、コロナ影響で需給停滞(07/15)

コロナ後急速に経営正常化へ 企業の6割、「3カ月で回復」(07/15)

1~6月の完成車輸入、47%減の9.1万台(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン