積立基金の負担率、21年に2ポイント上昇

シンガポールのリー・シェンロン首相が先ごろ施政方針演説(ナショナル・デー・ラリー)で発表した高齢者の中央積立基金(CPF)負担率の詳細が明らかになった。人材開発省(MOM)によると、2021年には56~66歳で負担率を現行から2ポイント、66~70歳で1.5ポイントそれぞ…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

特許登録件数が7年で5割増 政府主導、デジタル分野で加速(09/20)

新興生保シングライフ、デビットカード発行(09/20)

中国系衣料工場など投資8件を認可(09/20)

QS雇用可能性ランク、国立大はアジア5位(09/20)

未曽有の経済危機に備えよ 投資家ジム・ロジャーズ氏が警鐘(09/20)

シンガポール工科大学、卒業生の給与上昇(09/20)

ノルウェー水産団体、東南ア拠点をタイへ(09/20)

MRTトムソン東海岸線、2020年1月開業(09/20)

地場インフルエンサー企業、人材発掘へ資金調達(09/20)

高齢化と自動化への備え、20カ国中13位(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン