製靴の宝成、下半期も東南アジアに投資

製靴受託世界大手、宝成工業のセン陸銘董事長(セン=膽のつくり)はこのほど、2019年下半期(7~12月)もベトナムやインドネシア、ミャンマーへの投資を続ける考えを示した。米中貿易摩擦の影響を回避するため、中国から東南アジアに生産移転を加速する動きの一環。工商時報が伝…

関連国・地域: 台湾ASEAN
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:退勤後になじみのコンビ…(06/02)

【業界探訪】アジアの東西結ぶ拠点に 網家の蔡凱文総経理に聞く(06/02)

鴻海トップ、製造業はリージョナル生産へ(06/02)

TSMCの5ナノ増産投資、来年1Qに延期(06/02)

DRAM取引価格、直近1年で最高=集邦(06/02)

台湾サプライヤー、スマホ需要低迷に懸念(06/02)

5月の二輪車販売、2カ月ぶりプラス(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン