• 印刷する

7月の新車販売、ベース効果で26%減

マレーシア自動車協会(MAA)が19日に発表した2019年7月の国内新車販売台数は、前年同月比25.7%減の5万853台だった。MAAは2桁減となった理由について、前年同月はGST(消費税)が実質撤廃されたタックスホリデー(免税期間)に当たり、販売台数が急増していたことによるベース効果を挙げた。

前月(4万2,526台)比では19.5%伸びた点については、「ハリラヤ・プアサ(断食明け大祭)で休日が多かった6月よりも営業日数が増えたため」と説明した。

7月の新車販売台数の内訳は、乗用車が前年同月比24.5%減の4万6,189台、商用車が35.7%減の4,664台だった。

7月の生産台数は11.3%減の4万8,912台。内訳は、乗用車が10.3%減の4万5,748台、商用車が24.1%減の3,164台だった。

MAAは8月については「7月と同水準を維持する」との見通しを示した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日本、東南ア7カ国からの入国制限を強化(03/27)

主要港の貨物輸送、29日まで期間限定で許可(03/27)

物流業などの操業許可要請 日本人商工会とジェトロ、政府に(03/27)

日本人商工会、操業許可申請の受付延長要請(03/27)

緯創が世界分散生産へ、10億米ドル投資(03/27)

貿産省の操業許可証、4月14日まで有効(03/27)

RM1=25.4円、$1=4.33RM(26日)(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン