• 印刷する

テイクオフ:日本製品のボイコットが…

日本製品のボイコットが続く中、雑貨チェーン「名創優品(MINISO、メイソウ)」が「日本企業でない」とアピールしている。

このMINISO、れっきとした中国資本だが、店の名前や形態は日本の100円ショップ「ダイソー」風。ロゴはユニクロをほうふつとさせる。おまけに「日本のデザイナーズブランド」とアピールするなど、日本企業と思われても不思議ではない。

当方は、MINISOの店舗を見た時、「ダイ(大)ソー」をもじった韓国企業かと思った。「ダイソー」の商標と類似したとして商標法違反罪などに問われた韓国の流通業者「ダサソー」が脳裏をよぎったからだ。ちなみに、ダサソーは韓国の方言で「全部買ってください」の意味だ。

果たしてMINISOの「日本企業でない」とのアピールは通じるか。「迷走」することがないよう期待したい。(碩)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国で自動車ローンの返…(01/26)

大手各社でESG経営加速 企業価値に直結、残る財閥リスク(01/26)

【日本の税務】健康保険の療養費申請について(01/26)

コロナ感染者437人、大田で集団感染(01/26)

サムスンが印で節税、スズキ判例の恩恵(01/26)

韓国仁川湾の取扱量が過去最高、中・越好調(01/26)

双竜自の資金枯渇、1~2月は給与5割支給(01/26)

現代自、接客ロボ「DAL―e」を公開(01/26)

EVの整備技術認証制度、起亜が初導入(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン