• 印刷する

住友化学、インド国営石油とライセンス提携

住友化学は19日、インド国営の石油大手バーラト・ペトロリアム(BPCL)との間で、プロピレンオキサイド(PO)製造技術のライセンス契約を締結したと発表した。BPCLは年産30万トンのPO生産拠点で、住友化学が独自に開発したPO製造技術の採用を決めた。

BPCLは、南部ケララ州コチの製油所でPO生産設備の新設を含む大規模な石油化学事業を進めている。生産拠点の完成は2022年を予定。設備の詳細な設計は今後詰める。住友化学の広報担当者によると、POは自動車のクッションに使われる素材。自動車市場の拡大に伴い需要の増加が見込まれる。

住友化学は技術ライセンスの世界展開を通じて、石油化学事業の拡大を図っている。PO製造技術のライセンス契約は韓国石油化学大手のSオイル(S—Oil)、タイの石油化学最大手PTTグローバル・ケミカル(PTTGC)の子会社に続く3社目となった。SオイルのPO拠点は昨年稼働済み、PTTGC子会社の拠点は20年の稼働を予定。PO以外では、カプロラクタムや塩酸酸化の技術供与を推進している。

住友化学はインドで農薬事業と石油化学事業を展開。農薬事業では16年に地場のエクセル・クロップ・ケア(ECC)を買収し、昨年、自社のインド法人に吸収合併した。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車化学天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

6月の乗用車販売、スズキが5割減まで回復(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

6月の二輪販売、3社が3~4割減まで回復(07/03)

インドの中国製品排除に反発、商務省(07/03)

中国発の貨物、通関手続き再開(07/03)

物流DHL、中国からの輸出貨物集荷停止(07/03)

デリー空港、通関で書類不要の新システム(07/03)

ボーダフォン、昨年度は1兆円の赤字(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン