• 印刷する

ベトナム自動車販売、25年に100万台到達か

ベトナムの自動車販売台数は、2025年に年間100万台に到達する可能性がある――。ベトナム商工省が最新の報告書で明らかにした。18日付VOVニュースが伝えた。

商工省によれば、国民1人当たりの国内総生産(GDP)が上昇するにつれ、二輪車から四輪車への切り替え需要が高まっている。特に乗用車販売数は過去5年間に年30~40%拡大している。

国内の自動車産業は、現地調達率の低さが課題だ。乗用車が7~10%、トラック・バスが40~55%とされる。国内の自動車部品メーカー1,800社のうち、外資系メーカーのサプライチェーンに参加できるのはわずか300社程度。地場の裾野産業が成熟しておらず、自動車部品の多くを輸入に頼らざるを得ない現状が、コスト高を招いている。

同省によれば、ベトナムの自動車生産コストは他の東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国からの輸入車と比べ10~20%高い。同省は現在、国内自動車産業の生産と消費の促進に向け、国内で生産された自動車部品への特別消費税(SCT)の免除措置を検討するなど、打開策を急いでいる。

ベトナム自動車工業会(VAMA)によれば、18年の自動車販売台数は前年比6%増の28万8,683台。このうち、乗用車は27.7%増の19万6,949台と全体の7割近くを占めた。なお、18年の1人当たりのGDPは前年比8.3%増の2,587米ドル(約27万5,000円)。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

地場ジム、勝ち残りへの戦略 立地などで外資系との差別化強化(09/13)

南シナ海協議へ新枠組み、中国マレーシア外相会談(09/13)

起亜、Bセグセダン「ソルト」の予約開始(09/13)

メルセデスベンツ、Eクラスの新型発売(09/13)

北越と理文造紙、30億ドル開発計画=地元紙(09/13)

韓国の化学メーカー暁星、投資拡大へ(09/13)

豪石炭の需要、パリ協定下でも年4.5%減に(09/13)

双日と大阪府提携、東南ア2カ国進出で優遇(09/13)

ハノイ市街地からの工場移転、大幅に遅れ(09/13)

公共交通の分担率、HCMは1割満たず(09/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン