野党元党首「11月帰国」、国外に滞在

【プノンペン共同】カンボジアの旧最大野党、カンボジア救国党の支持者は17日までに、元党首で国外滞在中のサム・レンシー氏が11月9日に帰国すると発表した。同氏は今も国民から一定の支持を集めるが、対立するフン・セン政権側は帰国後の逮捕を明言しており、実現は不透明だ。発…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

米ヒルトン、22年までに1号店を首都に開設(09/18)

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

EU向けコメ輸出額、今年は1割減見通し(09/18)

電気機器の仏ルグラン、新製品の投入強化(09/18)

「一帯一路で開発加速」首相が中国称賛(09/18)

グラブとハイネケン、東南ア事業拡大へ提携(09/18)

中国系のコンドやホテル、首都で年内に着工(09/17)

履物の業界団体が設立式、投資誘致へ(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン