野党元党首「11月帰国」、国外に滞在

【プノンペン共同】カンボジアの旧最大野党、カンボジア救国党の支持者は17日までに、元党首で国外滞在中のサム・レンシー氏が11月9日に帰国すると発表した。同氏は今も国民から一定の支持を集めるが、対立するフン・セン政権側は帰国後の逮捕を明言しており、実現は不透明だ。発…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

米ドル少額紙幣を回収、使用停止に向け準備(05/29)

国際便の発着激減、中国出張者の利用が主流(05/29)

1~3月の株式時価総額、22%減(05/29)

国境沿いで警備強化へ、タイ不法入国を阻止(05/29)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(5月28日)(05/29)

新型コロナ打撃産業への支援策、第4弾発表(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン