• 印刷する

企業銀行がIBKインドネシア銀行を設立へ

韓国の政府系IBK企業銀行は18日、今年1月に買収したインドネシアのアグリス銀行とミトラニアガ銀行を合弁し、「IBKインドネシア銀行」を設立する。このほど、両行の合併がインドネシア金融監督庁(OJK)から承認された。聯合ニュースが伝えた。

企業銀行が海外銀行を合併・買収(M&A)するのは初めて。現地法人では現地に進出する韓国の中小企業や現地企業への金融支援を行う。企業銀行は2023年までに店舗数を55店に拡大する方針だ。

両行はいずれもジャカルタに本店を置く上場銀行。アグリス銀行は全国に17店、ミトラニアガ銀行は13店を展開している。


関連国・地域: 韓国インドネシア
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:息子に英語を学ばせるた…(05/27)

観光収入が1千億元消失 3カ月で、4月の訪台者過去最低(05/27)

コロナ抑制が消費心理を刺激 4カ月ぶり指数上昇、支援金貢献(05/27)

4月の台湾人出境、99%減の1.1万人(05/27)

新型コロナ感染者、19人増の1万1225人(05/27)

オムロン、SKTと防疫ロボットを開発(05/27)

GS建設、データセンター賃貸事業に進出(05/27)

韓国LS電線アジア、越子会社に債務保証(05/27)

サムスンのスマホ販売、コロナ禍で19%減(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン