• 印刷する

テイクオフ:18年間のバンコク暮ら…

18年間のバンコク暮らしを終えて、同業の先輩が日本へ帰る。もともと新聞社の特派員として、バンコクはじめ東南アジアを渡り歩いた人だ。他紙に移って再度のバンコク駐在を果たし、他所への転勤辞令を機に退社し、その後もずっとこの街に居続けてきた。

記者として、多数の現場を踏んだ。2001年の米国の同時テロ後は、アフガニスタンの取材に駆り出されもした。今年69歳。ようやく家族の元へ戻る。今後は妻と観劇でもしようかと言う。

記事を書かなくなった後は、バンコクで1日をどう過ごしていたのか。孤独で、飽きなかったのかと聞くと「ニュースをチェック、分析している。全然飽きない」と答えた。日本でも続けるという。この業界に入ると、一生、職業意識が抜けない。それと、自分もいずれ老後を迎えるが、何をするにせよ持続する志が不可欠だと教えられた。(範)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルス対策…(05/27)

出稼ぎ労働者が大量帰還 感染拡大、送金減少に懸念(05/27)

非常事態宣言を1カ月再延長 警戒維持、近く追加の制限緩和も(05/27)

新規感染者3人、累計3045人に(26日)(05/27)

いすゞ、ピックアップ販売の下期回復を予測(05/27)

工業連盟、車部品工場の存続へ転用を模索(05/27)

トヨタタイ全工場再開、欧州ポルトガル除き操業(05/27)

物品税局長、自動車メーカー向け減税を支持(05/27)

タイ中高速鉄道、懸案の契約は10月に締結へ(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン