1Q車販売は主要州で減少 在庫調整で、メーカーは減産継続

昨年後半から減速しているインドの新車販売は、主要州で落ち込みが大きいことが分かった。2019/20年度第1四半期(19年4~6月)の乗用車販売は、販売数の多い西部マハラシュトラ州やグジャラート州などで前年同期比3割前後の落ち込みが見られた。ディーラー在庫の調整を実施した…

関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日本製中古車流入が87%減 パキスタン、国産車保護を継続(09/13)

車両のGST引き下げ、20日に決定か(09/13)

EV普及、10年間で4千億ルピー投入計画(09/13)

MGモーター、増産などに200億ルピー投資(09/13)

タタ自、8月の世界販売は32%減の7.2万台(09/13)

サイムダービー、豪で高級車販売権を買収へ(09/13)

オヨ、ニューデリーに共用オフィスを新設(09/13)

新興企業の設立数、国内最多はデリー首都圏(09/13)

国内線運賃、本年度は7~9%上昇の予測(09/13)

グ州、改正自動車法の罰金を独自に減額(09/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン