• 印刷する

下期に経済上向きへ、回帰投資などで=英銀

英スタンダード・チャータード銀行の台湾法人、渣打国際商業銀行は、台湾の域内総生産(GDP)成長率が下半期(7~12月)に上向くとの見方を示した。米中貿易摩擦などを背景とした中国から台湾への回帰投資が押し上げ要因で、2019年のGDP成長率予測を従来の前年比2.1%に据え置いた。15日付中央通信社が伝えた。

同銀のアナリスト、符銘財氏によると、資本設備の6月の輸入は前年同月比4割増と急激に増え、このうち半導体設備は2倍近くに急伸した。米中摩擦に伴い中国は米国以外からハイテク分野の部品調達を増やすとみられ、台湾の半導体関連の輸出を押し上げる見通し。

半導体の輸出は台湾全体の3割、GDPの17%をそれぞれ占める。半導体の好調が台湾経済の成長を促すとの見方だ。

符氏は半導体産業の輸出増加や回帰投資の拡大を理由に、「今年の2%成長は問題ない」と指摘した。

一方、経済の下押しリスクとしては、米中摩擦がもたらす不確実性、中国経済の成長鈍化、ハイテク産業の在庫調整の3点を挙げた。台湾は東南アジア市場の開拓に力を入れているものの、米国と大中華圏が台湾輸出の過半を占めている現状を説明した。


関連国・地域: 中国台湾ASEAN米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

南宝樹脂など回帰投資7件を承認、計153億元(08/23)

財政部「貿易戦に強い恩恵」 振り替え受注で、輸出押し上げへ(08/23)

上期の半導体売上高、TSMCは世界3位(08/23)

7月のスマホ販売台数、前月比18%増(08/23)

泰碩電子、下期に増産・新製品投入の方針(08/23)

電動二輪車の協会発足、域内外の開拓加速(08/23)

工場生産の冷茶は15%の貨物税、税務当局(08/23)

製靴の宝成、下半期も東南アジアに投資(08/23)

ティアフォー、広達から10億円の資金調達(08/23)

工研院、検査までの多機能研磨機を開発(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン