大手オーナーの報酬、最高は韓進前会長

韓国金融監督院によると、2019年上期の報酬が最も多かったのは4月に死去した韓進グループの故・趙亮鎬(チョ・ヤンホ)前会長で、702億ウォン(約61億円)を受け取った。グループ系列会社5社からの給与が54億5,444万ウォン、退職金は647億4,558万ウォンだった。この報酬は、妻と…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:きょうは大学修学能力試…(11/14)

LNG船、安値受注があだ 造船業界、業績回復に至らず(11/14)

燃料電池車やバイオ、規制自由特区7つ指定(11/14)

SKハイニックス、東京でイメージセンサー研究(11/14)

ハナ銀、ベトナム投資開発銀の第2位株主に(11/14)

韓国支援の工業団地開発、2件が進行中(11/14)

ダイナースカード韓国撤退、現代と契約満了(11/14)

現代モービス、レーダー適用の安全技術開発(11/14)

現代自、米・豪のエコカー市場攻略へ(11/14)

GSカルテックス、中東に原油取引所を設立(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン