大手オーナーの報酬、最高は韓進前会長

韓国金融監督院によると、2019年上期の報酬が最も多かったのは4月に死去した韓進グループの故・趙亮鎬(チョ・ヤンホ)前会長で、702億ウォン(約61億円)を受け取った。グループ系列会社5社からの給与が54億5,444万ウォン、退職金は647億4,558万ウォンだった。この報酬は、妻と…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「お前のこと知っている…(08/04)

徴用工の資産現金化は困難 厳しい交渉今後も、識者に聞く(08/04)

新型コロナ感染者、23人増の1万4389人(08/04)

サムスン電子、国内初の社内コロナ検査所(08/04)

自動車と造船業界、3日から一斉に夏季休暇(08/04)

来年3月に経営統合完了へ、ヤフーとLINE(08/04)

韓国人192人、ノイバイ国際空港から入国(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン