• 印刷する

上海ディズニー、飲食物持ち込み禁止が物議

上海ディズニーランドが入場者の飲食物持ち込みを禁止していることが、中国国内で物議を醸している。持ち込みを阻止された大学生が同社を提訴し、中国消費者協会や法曹界もこれを支持する動きを見せている。14日付北京商報などが伝えた。

華東政法大学の学生は今年初め、上海ディズニーに入場しようとした際、荷物検査で持参していた約40元(約600円)分の飲食物の持ち込みを阻止され、園外で食べるか、1日80元のコインロッカーに預けるよう求められ、破棄することにした。

学生は上海ディズニーが園内の飲食店の売り上げを上げるために消費者の権利を侵害しているとし、3月初めに上海市浦東新区人民法院に同社を提訴。飲食物の持ち込み禁止に関する規則の無効化と持ち込もうとした飲食物にかかった費用の支払いを求めている。

中国消費者協会の幹部は「上海ディズニーは、中国本土で唯一のディズニーランドという特別な地位を利用して、消費者を制限している。利益重視の観点から荷物検査を行っているのであれば、消費者の権利を侵害していることになる」と批判。法曹関係者も「大学生の主張には法的根拠がある。飲食物の持ち込み禁止は消費者権益保護法の強制性に関する規定に違反しており、大学生に飲食物を捨てさせたことに対し、上海ディズニーは責任を取るべきだ」と指摘した。

一方、上海ディズニーは「中国の大半のテーマパークが飲食物の園内への持ち込みを禁止している。また、乳幼児や健康上の理由で食べ物に制限がある人の持ち込みは認めている」と主張している。

上海ディズニーは、2016年の開業当初、未開封の飲食物に限り、園内への持ち込みを認めていたが、17年11月以降、食品、アルコール飲料、600ミリ以上のノンアルコール飲料の持ち込みを禁止している。


関連国・地域: 中国-上海米国
関連業種: 食品・飲料観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者1人増、累計8万3022人(18:36)

テイクオフ:広州に「広九鉄路記念園…(06/04)

8日から渡航制限を一部緩和 まず中国と、経済活動再開へ道筋(06/04)

中国の情報にWHO不満か、新型コロナ(06/04)

経済活動の制限継続に懸念 日系関係者ら、入境制限延長で(06/04)

中国で広がる「人工肉」 KFCが新メニュー、地場も参入(06/04)

日本人学校もPC1人1台、オンライン学習支援(06/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン