IMF、ラオス経済の長期見通しは楽観的

国際通貨基金(IMF)は8日発表した報告書で、ラオス経済の見通しは長期的に明るいとの予測を示した。国内総生産(GDP)成長率は、中期的には7%近くに達するとの見方を示している。 IMFによると、2017年に6.8%だった成長率は、18年は自然災害などで6.3%に落ち込んだ…

関連国・地域: ラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

入国のファストトラック導入、中越と検討へ(08/11)

メコン地域の物流調査、貨物への影響軽微(08/11)

世帯支出額、18~19年は263万キープに上昇(08/10)

サイニャブリの洪水、被害額は250億キープ(08/07)

ボケオ県、規定違反で7事業の免許剥奪(08/06)

周辺3カ国労働者、22年3月末まで滞在許可(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン