IMF、ラオス経済の長期見通しは楽観的

国際通貨基金(IMF)は8日発表した報告書で、ラオス経済の見通しは長期的に明るいとの予測を示した。国内総生産(GDP)成長率は、中期的には7%近くに達するとの見方を示している。 IMFによると、2017年に6.8%だった成長率は、18年は自然災害などで6.3%に落ち込んだ…

関連国・地域: ラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

労働需給のミスマッチ解消が失業解決の鍵(08/21)

首都郊外にランサン文化公園が着工(08/20)

坂東電線がサワンナケートに工場開設(08/19)

首相、環境と調和したインフラ開発を指示(08/19)

1~6月の国境輸出4%減、3カ国向け低調(08/19)

IMF、ラオス経済の長期見通しは楽観的(08/16)

【ラオスの日本農業】「青い食品」独自技術で実現 ツジコー、色素粉末の販路開拓へ(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン