• 印刷する

国内で初めて豚コレラ感染確認、シャン州で

ミャンマー政府は14日、北東部シャン州で国内で初めてとなるアフリカ豚コレラ(ASF)の感染を確認したと明らかにした。複数の地元メディアが14日伝えた。

農業・畜産・かんがい省の畜産・獣医局によると、ASFに感染した豚が確認されたのは中国雲南省と国境を接するモン・ラ特別自治区。8月1~6日に12頭の豚が死に、採取した血液からASFウイルスを確認した。一方、同じシャン州ワ自治管区のマインラー郡区で感染が確認されたとの情報もある。

電子メディアのイラワジによると、モン・ラ特別自治区を支配する民族民主同盟軍(NDAA)が、管区内で500頭の豚が死んだと発表。畜産・獣医局は同特別自治区とワ自治管区に専門家を派遣し、採取した豚の血液を最大都市ヤンゴンなどに送って検査していた。

農業・畜産・かんがい省は住民に、ASFの感染防止に努め、異常な死に方をした豚がいれば、直ちに報告するよう求めている。感染した豚の肉を食べたり、死体を川に捨てたりしないよう呼び掛けてもいる。

シャン州ではタイ国境のタチレク郡区とモンピャ郡区でも、7月以来数千頭の豚が死に、ASF感染の疑いがあるとして、専門家が調べている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品農林・水産サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ラカイン南部で中規模地震2回、被害軽微か(17:13)

映画館がモール開発の鍵に 関心高まり、市場に余地(08/20)

コータウン空港改修、再入札手続きが開始(08/20)

汚職疑惑のエネ相が職務再開、調査は続行(08/20)

陸路や鉄道の復旧急ぐ、武装集団の襲撃受け(08/20)

中国が調査団、組織培養バナナ合法輸入視野(08/20)

自宅前に有料駐車場、マンダレーが認可(08/20)

小口金融ヘイマン、メイバンクから資金調達(08/20)

高校卒業生に修了証書、19年度から(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン