【ラオスの日本農業】「青い食品」独自技術で実現 ツジコー、色素粉末の販路開拓へ

LED(発光ダイオード)家庭用照明器具や自動制御装置などを製造するツジコー(滋賀県甲賀市)が、ラオスでバタフライピー(チョウ豆)を使った青い色素粉末の生産に取り組んでいる。有機栽培し、低温乾燥、非加熱殺菌の独自技術で実現させた食品原料だ。今後は国際認証を取得し…

関連国・地域: ラオス日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

JALUXが首都空港に免税店を開設(02/21)

トンルン首相、汚職摘発強化を指示(02/21)

中ASEAN特別外相会議、きょう開催(02/20)

ラオス政府、首都の大気汚染に警戒強める(02/19)

後発3カ国の対日輸出8.7%増 19年、堅調な中に新たな課題も(02/18)

メコン川委、プラごみの流入経路を調査へ(02/18)

日本が医療用品を支援、新型コロナ対策で(02/18)

次期社会経済開発計画の草案を協議=運営委(02/17)

政府、降雨不足で国民に節電呼び掛け(02/17)

4月までの降水量、平均を下回る=政府予測(02/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン