人民元が対ドルで上昇、米中摩擦懸念和らぐ

【上海共同】14日の中国・上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで上昇し、通常取引の終値(日本時間午後5時半現在)が前日比0.72%高の1ドル=7.0165元をつけた。米政府が対中制裁関税の一部品目について発動延期を発表し、米中貿易摩擦の先行きへの懸念がいったん和らぎ、元が…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

チャウピュー特区、事業費は300億ドル規模(02/21)

エイサー、サプライチェーン断裂の心配なし(02/21)

新型肺炎の死者2236人、感染者7万5465人(02/21)

航空各社が運航見直し、新型肺炎流行で(02/21)

完全外出禁止は77人(19日正午)(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(02/22)

ホンダの武漢工場、再開は3月11日以降に(02/22)

通信ディト、事業開始21年に 基地局整備遅れ、品質を重視(02/21)

1月の輸出受注、12.8%減 11カ月ぶり2桁減、2月も低迷へ(02/21)

出稼ぎ労働者の復帰で対策 専用列車、拡大防止と再開支援(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン