• 印刷する

7月失業率3.9%、前年同月比0.2P悪化

韓国統計庁が10日発表した2019年7月の雇用動向によると、失業率は3.9%と前年同月比0.2ポイント悪化した。3%台は今年に入って初めて。

失業者数は5万8,000人増の109万7,000人。年齢別では、60歳以上が32.1%増の13万1,000人、若年層の15~29歳は6.3%増の43万5,000人だった。若年失業率は9.8%と、0.5ポイント悪化した。

就業率は61.5%と0.2ポイント上昇。経済協力開発機構(OECD)の比較基準である15~64歳の就業率は67.1%だった。

就業者数2,738万3,000人と29万9,000人増えた。増加幅は3カ月連続で20万人を上回った。産業別にみると、高齢者の採用が多い「保健および社会福祉サービス業」が7.0%増と続伸。宿泊および飲食業も4.4%増えた。一方、経済活動の中心となる30~50代の就業者が多い製造業は2.1%減、金融および保険業は6.5%減、卸・小売業は2.3%減とマイナスが続いた。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

韓国とイスラエル、FTA交渉妥結(17:13)

ベンツコリア、部品物流センターを2倍に(18:03)

イケア進出5年、売上高が5000億ウォン超(17:23)

斗山インフラ、インドネシア社と生産協力(17:23)

セルトリオン、日本で乳がん薬の追加許可(17:23)

テイクオフ:日本製品のボイコットが…(08/22)

【日韓対立】高まるカントリーリスク 日系は信頼重視、韓国は依存脱却(08/22)

韓国政府、日本食品の放射性物質検査を強化(08/22)

7月の訪日韓国人7.6%減、日韓関係悪化で(08/22)

韓国ビールの販売拡大、日本の不買運動で(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン