外資300社、18年は減収減益=中華徴信所

信用調査会社の中華徴信所企業(CRIF)は13日、台湾で事業を行う海外資本の2018年の業績に関する調査結果を発表し、上位300社を合わせた売上高は前年比3.6%減の1兆8,164億台湾元(約6兆2,000億円)だった。2年連続で前年実績を下回った。300社の税引き前利益は9.6%減の75…

関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料その他製造金融小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

12月の新規住宅ローン金利、過去最低を記録(01/24)

バウハウス、中国本土から撤退=台湾も半減(01/23)

クロワッサンの八月堂、香港で出店加速(01/23)

台湾デルタ、アプリでEV充電所の情報提供(01/23)

テイクオフ:「大騒ぎだよ。台湾は大…(01/22)

19年のGDP成長率は2.73% 4Qが好調、回帰投資など追い風(01/22)

「中国生産にまだ優位性」、新金宝董事長(01/22)

英業達の20年売上高、1割超える伸び幅へ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン