• 印刷する

関税局、主要港湾に新型X線検査機導入

フィリピン財務省関税局(BOC)は、コンテナ貨物の検査を強化するため、年内にも主要港に6台の新型エックス(X)線検査機器を導入する。ビジネスワールドが13日伝えた。

BOC通関後監査グループ(PCAG)のマロニリヤ副本部長によると、エックス線6台のうち、4台はマニラの主要2港、2台はビサヤ、ミンダナオ地方の港湾に設置する。

導入するのは、最新型の大型エックス線検査機器。違法物質の検知や、有機物質と非有機物質を見分ける能力を持つ。時速20キロメートルの速度で移動するコンテナを検査できる。

BOCは20億ペソ(約41億円)で同検査機器を調達した。さらに台数を増やす方針だが、2019年度の装備関連予算は消化したため、20年度の予算に必要額を計上する予定という。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ティーライブ、ミャンマーで年内に5店開業(08/23)

ベトナム系配車が東南ア展開 ファストゴー「21年に域内3位」(08/23)

日比LNG計画で延長申請 調整に時間、23年稼働は維持(08/23)

フィリンベスト、日立系と水処理で合弁(08/23)

独メルセデス、現地工場から比へ輸出開始(08/23)

半導体ローム、車載液晶向け新IC生産(08/23)

人事労務関連法に対応急務、アイキューブ(08/23)

米社の浮体式LNG設備建設、エネ省認可(08/23)

貿産省、輸入セメントの緊急関税額見直し(08/23)

中国企業受注のカリワダム、計画見直しへ(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン