• 印刷する

テイクオフ:日本にとって8月15日…

日本にとって8月15日は終戦記念日だ。シンガポールでは、終戦から74年がたった今でも日本統治時代があった事実を思い起こさせる「風景」に出会う。チャイナタウンには、旧日本軍による中華系の「粛清」で検問所となった場所に記念碑があり、その前を通る度に胸が詰まる思いがする。

ごく最近では、9日の建国記念日に行われたナショナル・デー・パレード(NDP)の演目で同じような胸の痛みを感じた。会場の大型スクリーンには90歳になる女性が映し出され、旧日本軍の占領時代について「あの頃は本当に怖かった」と自身の体験を語った。博物館などで関連資料や映像は見たが、当時の様子を知る人の生の声は心を打つ。

彼女は「シンガポールは平和な国になったが、それを当然のことと思ってはいけない」と最後に締めくくった。国際情勢が混乱の様相を呈する中、彼女の言葉が重く響いた。(雪)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

西村あさひ、地場法律事務所と提携(11:55)

テイクオフ:過去数カ月で、さまざま…(06/01)

【ウィズコロナ】景気回復、各種制限が重しに 東南アジアのリスク・見通し(上)(06/01)

来月2日以降も在宅勤務、違反企業には罰則(06/01)

在宅勤務でストレス増、常に仕事モード8割(06/01)

シンガポール政府機関、インフラ開発で支援(06/01)

通勤バスなどの安全規定、2日から適用(06/01)

1~4月の投資表明額、数年ぶり高水準に(06/01)

大学生に人気の就職先、4年連続でグーグル(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン