洪水による死者数、ビハールがトップ=内務省

インドで2016/17年度(16年4月~17年3月)から先月18日までに起きた洪水被害による死者数は、東部ビハール州が970人と最も多かった。南部ケララ州が756人、東部・西ベンガル州が633人、西部マハラシュトラ州が522人と続く。内務省が下院に提出した統計として、ビジネス・ライン(…

関連国・地域: インド
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:西部ジャイプールの企業…(06/04)

データセンターに太陽光発電 NTT子会社、需要増で事業拡大(06/04)

帰国者の感染確認続く、累計233人=3日朝(06/04)

インドの二輪2社、アフリカで躍進(06/04)

5月の二輪販売、主要2社が8割減(06/04)

タタ自、国内の全工場で生産を再開(06/04)

車部品マザーサンスミ、昨年度は増収減益(06/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン