• 印刷する

首都空港第3ターミナルに共用オフィス

スカルノ・ハッタ空港第3ターミナルに開設したコワーキングスペース(ユニオンスペース提供)

スカルノ・ハッタ空港第3ターミナルに開設したコワーキングスペース(ユニオンスペース提供)

インドネシアの国営空港運営会社アンカサ・プラ(AP)2は12日、首都ジャカルタの空の玄関口であるスカルノ・ハッタ国際空港の第3ターミナルに、コワーキングスペース(共用オフィス)「APSPACE」を開設したと発表した。

利用者の要望を受けて開設した。AP2の子会社アンカサ・プラ・ソルシ(APS)が、東南アジアでコワーキングスペースを展開するユニオンスペースと協力して運営する。APSPACEには、サービスオフィス、会議室、イベントスペース、仮眠スペースなども完備する。

APSのユンダリ取締役はコワーキングスペースの開設について「AP2の主要事業である空港運営以外の分野で、新たな事業を発掘する戦略の一環」と説明。今後はほかの空港に展開する可能性もあるとした。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ある国のインドネシア大…(08/21)

【日韓対立】日韓企業62%「実害を懸念」 収束見通し、日系が悲観的見方(08/21)

2Q経済成長率が軒並み停滞 東南アジア、内需堅調も輸出不振(08/21)

コンビニ用ショーケース生産 富士電機、23年から東南ア向けに(08/21)

西ジャワのレバナ経済特区、現代自が投資か(08/21)

7月の二輪車販売台数、11%減の約53万台(08/21)

7月の自動車販売台数速報値、17%減(08/21)

アフリカ市場を開拓へ、国営企業が熱視線(08/21)

隣国の首都移転でサバ州東部に恩恵=領事(08/21)

首都の道路料金徴収システム、再入札を実施(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン