• 印刷する

上海「最高」の書店、上海中心52階で開業

上海市浦東新区の超高層ビル、上海中心大厦(上海タワー)の52階で12日、書店「朶雲書院」が開業した。上海で最も高い場所にある書店ということで、開店初日は入店まで2時間待ちとなる盛況だった。13日付解放日報などが伝えた。

朶雲書院は上海世紀出版集団が経営する。店舗面積は2,200平方メートルで、海外書籍約1,100点を含む1万6,000点の書籍を販売する。

朶雲書院は昨年に松江区でも開業しており、上海中心大厦店は上海における旗艦店との位置付けだ。12日には中国の著名現代作家である余華さんや畢飛宇さんも来店した。


関連国・地域: 中国-上海
関連業種: 小売り・卸売りメディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

天津市のGDP、19年は4.8%成長(01/24)

極楽湯、新型肺炎受け武漢施設を臨時休業(01/24)

児玉化学工業、江蘇子会社売却し中国撤退(01/24)

韓国で2人目の新型肺炎感染者(01/24)

陸海の国境でも検温実施、新型肺炎対策で(01/24)

湖北省全域への渡航中止、日本外務省が勧告(01/24)

新型肺炎の死者25人に、湖北以外でも(01/24)

新型コロナウイルス肺炎、政府が警戒強化(01/24)

新型肺炎、市場はまだ静観 流行長期化すれば経済に打撃(01/24)

武漢で邦人が重い肺炎=日本大使館(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン