• 印刷する

現代モービス、先端センサーを商用車に供給

現代自動車グループの自動車部品メーカー、現代モービスは13日、自社開発した商用車向けセンサーの供給を9月から開始すると発表した。

供給するのは、前方の車両との距離を測る中距離レーダーとカメラセンサー。現代モービスが主要ハードウエアとアルゴリズムを独自に開発した。国産商用車向けへの供給は、韓国では同社が初めてという。

現代モービスは、先端運転支援システム(ADAS)向けセンサーの独自開発を加速し、世界的な商用車の安全規制強化にすばやく対応していく考えだ。

同社のイ・ソンフン常務(車両部品営業事業部長)は「自社開発を通じて信頼性と価格の満足度を高める戦略だ。世界の商用車向け受注で競争力を強化していく」と述べた。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:見渡す限り、満開のひま…(08/21)

【日韓対立】日韓企業62%「実害を懸念」 収束見通し、日系が悲観的見方(08/21)

現代自、インドシフト鮮明 「グランドi10」新型を世界初投入(08/21)

2件目の輸出許可、サムスン向けレジストか(08/21)

LGがカメラモジュール量産、新型iPhone用(08/21)

国内の装置メーカー、上期業績が悪化(08/21)

日韓のあつれき、最大の経営リスクに(08/21)

大韓航空、日本路線を大幅縮小(08/21)

日本産石炭灰は使わず、セメント協会が宣言(08/21)

MAI航空、韓国人誘致へ代理店を指名(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン