ミャウー、紛争とネット遮断が観光業に打撃

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産への登録を目指すミャンマー西部ラカイン州の遺跡都市ミャウーで、治安の悪化とインターネットの遮断が観光業への大きな打撃となっている。ミャンマー・タイムズ(電子版)が12日伝えた。 ミャンマー企業の社会的責任(CSR)促進を…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: IT・通信観光政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

バングラからの帰国者1人感染確認、4日朝(19:11)

インフレ率が過去2年で最低 前月比では4カ月連続マイナス圏(06/04)

エネ省が一転、太陽光発電の入札期間延長へ(06/04)

帰国者の感染確認続く、累計233人=3日朝(06/04)

政府が内部通達、外国人の入国手続きで(06/04)

シュエダゴン・パゴダ、拝観停止を再延長(06/04)

工業団地法が成立、罰則の強化も(06/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン