【ASEAN戦略】事業領域を多極化 日本工営、インフラ需要拡大で

総合建設コンサルタント大手の日本工営(東京都千代田区)が東南アジアで、民間企業向けのコンサルティングやインフラ投資事業に注力している。経済成長が著しい域内新興国を中心に、インフラ関連需要が増加していることを受けた戦略だ。公共部門から民間へと事業領域を拡大させる…

関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの流…(09/29)

【識者の見方】日系企業も資金調達へ STO市場の幕開け(下)(09/29)

金融センター指数、シンガポールは世界6位(09/29)

ペイナウ取引額、最大20万ドルに引き上げ(09/29)

1~6月の労災事故が25%減、コロナ禍で(09/29)

技能教育研修所の学生、AIが必須科目に(09/29)

極狭の民間住宅、コロナ禍で需要減少(09/29)

陸上庁、カナダ社にMRT車両追加発注(09/29)

国営石油、シンガポールから燃料油在庫確保(09/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン