被災地結ぶワインコーヒー、宮城で販売

【共同】東日本大震災で被災した宮城県東松島市で、一風変わった飲み物が売り出されている。コーヒー豆を発酵させた「ワインコーヒー」で、インドネシア・バンダアチェ市で人気という。同市は2004年のスマトラ沖地震で甚大な被害が出たアチェ州の州都。被災地の市民同士が交流を深…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: サービス社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

外国人入国制限、早期解除を 中国・シンガポールなどで要望強く(07/07)

テイクオフ:世の中が元に戻ったよう…(07/07)

ゴーベト、ゴジェックにブランド名など統一(07/07)

マセラ鉱区からシェル撤退、コロナの影響で(07/07)

米国の照明メーカー、中ジャワ州に工場移転(07/07)

電動バス2台が乗客乗せて試運転、3カ月間(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン